産前のスキンケア~身体のドライの気掛かりを解決してくれたホホバオイル~

おめでた9ヶ月の妊婦だ。
今が初産ですが、妊娠してみてこんなにもお肌のマターがあるのか、といよいよ体験しました。
妊娠するまでは、美容法に別に執着心はなく、毎晩お風呂上がりに化粧水・乳液を面持ちに附けるだけでした。
ただし妊娠してみると、スキンの潤いがカラッカラに。
冬の乾燥機会、ホルモンの効果もあって体中が特に痒い!
そういう乾燥肌に困り、「Jonson&Jonson」体調クリームを購入し、全身に塗りました。
一時的にはおさまりましたが、一年中外出するってクリームは保ちがひどく、外でむずむずするのでそのたびに塗りたさなければなりませんでした。
おめでた中間も仕事をしていたので、かきむしっていられる状況ではありませんでした。笑
他に望ましいものがないかって探していた地点、姑からホホバオイルをもらいました。
その元を調べてみると常温も酸化しにくく、オイルの中でもセキュリティという保湿効果が高いという事がわかりました。
これまでオイル系のスキンケアアイテムを試したことがなかったので、肌荒れにいかんせんと思いましたが
ホホバオイルの機能を知って安心して使用しました。
お風呂上がりにすぐさま腹側・母乳輪を重点的にマッサージしながら塗布した地点、
スキンへの浸透率が鋭く、スキンがべたつかず翌朝になってもかゆみはおさまっていました。
朝方に再び塗布するって仕事中のかゆみは考えになら消え去り、
体調クリームに関して保ちが良いこともわかりました。
そうしてこういうホホバオイルは会陰マッサージにも使えることが分かり、
会陰の伸展を多少なりともよくするために、
コットンにホホバオイルをしみこませてマッサージ&コースしています。
女子学級などで胸の講話の際に、母乳輪をホホバオイルでケアしていることを助産師君に伝えるという、
「それはとても良いです。」といった賛美されたこともあり現在も続けています。
乳頭チェックをしてもらったら「理想的な柔らかさ」になっていました。
姑からいただいたオイルは使い切ってしまった結果、現在は無印の200mlボトルで購入したホホバオイルを通じています。
産前だけでなく産後赤ん坊マッサージとしても使えるとの対応だったので、今後もつぎ込み続けようと思います。
(※新生児に使用する場合は一時的なぷつぷつ評価が出ることがある結果、幼い範囲で塗布し様態を見ながら使用した方が良いだ。)絶対痩せるサプリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする