気持ちの保護になりました

通常今一つ運動していないせか、体重が増えてきました。これではいけないと思い、毎日多少なりともあるく事を指しました。それでもただあるくだけだと、週もやると飽きてしまう。そうするとまた歩かなくなり、体重が増えてしまう。基準がないとなんだか積み重ねる事がしんどいものです。

一層、「毎日ゼロ万歩」の基準を掲げてみました。そうしてシャカリキに毎日、ゼロ万歩目標に万歩総計を持ち出して走り回りました。万歩総計のカウンターが統計を刻んで出向くのを探るのは、確かに気持ちの保護になりました。けれどもまだまだがんばり過ぎたようです。膝に違和感を捉え始めました。先生に行くといった、「駆けすぎです。」と言われ、毎日ゼロ万歩の基準はちとお休みだ。

そんなことであるくことをしばらく止めていたまま、戦いの「ポケモンGO」が流行り始めたのです。自分の携帯にも「ポケモンGO」を設置して、ほんのりレジャーしてみました。やってみるとどうしても明るいんですね。ポケモンを詰めるという行為が落ち着きですが、こちらにははまります。歩いてポケモンを探してGETする、これは毎日の行為に向いていると思いましたね。

膝の実態が良くなったので、電話を片手に近くの公園を歩いてみました。ポケモンが出現するという、電話が振動しますので一旦あるくのを止めてポケモンの取得業務にかかります。取得したらまたあるく。こういう繰り返しで公園を駆けます。

引き続き足どりっぱなしにはならず、休み休みあるくのが良いです。決して疲れた感じがしません。途中からみずから「ポケモンGO」をするのではなく、女と共にやることにしました。

二人で始める方というやりがいが増えますね。基準が確立でなく、たび変わることで飽きがきません。足どり事が楽しみになります。「ポケモンGO]のおかげでウエイトも鎮まり、アベックともども元気だ。積み重ねる事がトップ大事ですが、どんなに続けられるかが問題ですね。increasepagerankgoogle.info/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする